スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エヴァQについてぼちぼち

エヴァンゲリオンの新劇場版:Qを観てきました……が

観終わって「えー……!?」という言葉が出た映画は初めてでした。
そして「どうしよう、これ……」と見る側なのに真剣に頭を抱えてしまいました。
でも、嫌いじゃない……好きになれるかもしれない。

そんな映画でした。

これが噂のピアノだけ予告編動画。
でも、観終わるとすごく納得できる予告だったんだなあと思えてくるから不思議なものです。



以降はネタバレありますので、閲覧の際はご注意ください。












(空白続く)











舞台がいきなり14年後に吹っ飛び、エヴァ初号機にシンジは乗れず、
綾波レイの行方も知れず、世界に何が起きたのかもはっきりしていない。
そんな状況で目覚めたシンジの戸惑いがそのまま私たちの戸惑いでした。
まさか、破の雰囲気から一転して、いきなり世界が終わっているとは。

ミサトには冷たくあたられ、「エヴァにはもう乗るな」と言われ、
エヴァに乗って覚醒したときのために爆弾付きの首輪をつけられる。
そんなシンジの元にアヤナミ?が現れて、ネルフへと連れていく。
そして、そこでシンジが見たものは、朽ち果てたネルフ本部とカヲルの姿……。

こんな感じで話は進んでいくのですが、
進みつつ世界やそれぞれの人物に何が起きたのかはっきりするのかと思ったら、
ますます不可解なことばかり起きて、とうとうフォースインパクトまで起こって……。
続きものとはいえ、映画でこんなことをやっていいのだろうか。


でも、なぜでしょうか。
こんなわけのわからないことだらけの映画なのに、雰囲気が好きなんですよね。
特に朽ちたネルフ本部は人の気配さえどこにもないのだけれど、
空が見えることと、ピアノ、一本の木があるという風景。
それが「終わった世界」の中の救いに見えるのです。

その風景とピアノを弾くカヲルが重なり合って見えるからこそ、
寂れたストーリーの中でカヲルだけが癒しに見えました、シンジと同じように。
彼もまた冷たい現実を突きつける人物の一人ですが、同時に「やり直せるんだ」と救いの光を見せてくれる。

14年のギャップと破のラストの行為が無意味だと知ったシンジにとって、
というか、私たちにとって彼は拠り所になってしまいました。

だからこそ、クライマックスのカヲルとシンジのやりとりが胸にきました。
人の思いというか、痛切な願いというか。
シンジを幸せにするために、カヲルが現れ、そして死ぬ。
その間際の思いはどんなだっただろう。
それを目の当たりにしたシンジが何を思ったのだろう。
考えるだけで胸が詰まります。

結局のところ、シンジがエヴァに乗ろうとするかぎり、人類の滅びの運命から避けられないようにも思えます。
だけど、彼はエヴァに乗らないという選択ができない。
Qになって使徒がいなくなって(訳ではないけれど)、
初号機とシンクロできなくなってしまって、
だから、エヴァに乗らない彼の可能性があったのかもしれないのに。

結局はエヴァに乗ってしまい、そうして、いつだって彼の願いは裏切られる。
Qでは、フォースインパクトの発生と、希望の光だったカヲルの死によって。
彼が生きる気力を持てなくなるのも、少しはわかるような気がします。

ラストでシンジ・アスカ・レイ(のクローン?)が三人で歩き始めることになるのですが、
なんとなく、破の頃を思い出しました。
あの時も三人で色々やっていたんだよなあ、と。
だから、最後の三人の後ろ姿に希望を抱かずにはいられませんでした。
もう、今さら彼らに失うものなんてないような気がしますから。


ストーリーこそつじつまがあってるのかあってないのか。
何もわからずじまいでしたが、最後のエヴァを観たいです。
テレビ版、旧劇場版があったのに、そこから大きく逸脱して今の姿になったのなら、
最後までそれを見届けようと思います。

でも、予告を見ても自分たちが理解できる話になる気がしないんですけど……。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蛮天丸

Author:蛮天丸
物書き。
東方プロジェクトの二次創作小説を中心に、
好きなものを好きなように書いています。
最近は秘封がお好き。
秘封処女膜合同の主犯(siroito.web.fc2.com/maidenhead/)だけど、処女じゃないよ!
アイコンは一条さんからお借りしました。

ジャンル

東方 読書録 映画録 漫画録 ゲーム録 アニメ録 ドラマ録 艦これ 

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。