スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓮子を分解して、再構築する

そう、タイトル通り、蓮子を分解して再構築してみました。
理論的には可能なことだって、誰かが言っていたから、私もできる!
人体は70%の水と――……これ、鋼の錬金何師?

とまあ、お寒いギャグはここまでにして。
二次創作での、キャラクターの分解と再構築を
久しぶりにちゃんと考えてみました。
技術的な話? たぶん、そんなことはない。





物語を書いているとき、ときどき思うんです。
「この登場人物たちは、本当に生きているんだろうか」と。

原作ブックレットを読む限り、
蓮子にはそういう人間性が欠けていると感じました。
不思議を追い求めて、メリーと知的な会話をする。
飄々としたイメージと、人間離れした会話の噛み合わなさがとにかく印象的でした。

でも、二次創作で私が彼女を扱うとき、そう描きませんでした。
蓮子がひとりの人間として、
女性として、大学生としてあることを重視しました。

たとえば、私が秘封倶楽部の蓮子を書いているとき。
彼女は人間らしくご飯を食べ、眠いときには寝て、
不思議に目を輝かせて、退屈なときには欠伸をしているだろうか。
蓮子には人間らしい息づかいがあるのか。
嬉しいことには笑い、悲しいことには泣き、理不尽なことには怒るのか。

少なくとも私は、彼女が人間らしくあってほしいと思うし、
だからこそ、彼女の痛みや苦しみを幾度も描いてきました。
同時に、蓮子と向き合うことは、自分と向き合うことでもありました。

そのとき、私は蓮子というキャラクターを分解して、
再構築をすることになったのです。結果的に。
結果的に、というのは、当初はそんな意識がなかったからです。

秘封シリーズを書き始めた当初のメモはこんな感じです。

「蓮子の本質は、自分を保つために天才であろうとし、
 否定されるのが嫌い。そして、自分も嫌い。
 負(と思い込んでいる)の自分から逃げている」

甘い! でも、私の蓮子像は、この文章がベースになっています。
今、ちゃんと分解するなら、大きな要素は下のようになると思います。

・天才的頭脳を持つ
・行動力がある
・異能の目を持つ
・不思議なことが好き

そして、分解を次の段階へ進めるとき、私は考えます。

「その要素を得た理由は何か? 目的は何か?」

どうして、蓮子は天才的頭脳を持つのだろうか?
そこに「原因」を探しても、話はまとまりません。
遺伝とか、勉強の方法とか、集中力とか、そういう話ではなく。
それは蓮子の過去を遡れない以上、あまり意味のない想像です。

そうではなく、「天才的頭脳を手に入れた目的」を考えました。
彼女には何かやりたいことがあるのかもしれない。
あるいは、まわりに自慢したいのかもしれない。
誰かに対抗しようとしているのかもしれない。

そこには彼女の願望があり、本能があると、私は感じました。
私は「まわりに自慢するために天才になった」と考え、
さらに、それをもう一段階掘り下げました。

「まわりに自慢することで、蓮子は何をしたいのだろう?」

そこには承認欲求があるのかもしれない。
承認されなければ、自分を保てなかったのかもしれない。
言い換えれば、蓮子は自分に自信を持てず、
客観的な評価で身を固めようとしたのではないか?

自分が、嫌い。
ひどくシンプルな言葉ですが、重い。
誰もが思ったことがあることを、蓮子も実は感じていたのではないか。
それが、蓮子という人間の行動原理に繋がると信じたかったのです。
そう気づいたとき、ようやく私の中で蓮子が実像を得ました。

自分が、嫌い。
だから、天才になる。自分が優位でありたいから。
だから、コーヒーを飲む。大人に見られたいから。
だから、メリーを好きになる。自分の目を認めてくれるから。

彼女自身は意識していなくても、裏にはそんな思いがある。
もろくて、危うい行動原理だと思います。
しかし、逆にそういう危うさこそ、私の描きたいことなのです。

物語には変化が必要で、危ういキャラクターが危機を経て、
自分の中に何かを得ることは、大きな変化なのだから。
危うい軸ではなく、傷ついても前を向ける確固たるものを得てほしい。
そうして、私自身の願いも込めて、蓮子というキャラクターを再構築しました。

結果を見れば、元々の蓮子というキャラクターと、
私の描く蓮子は、葉の要素は同じでも根本原理が大きく変わりました。

それ以降、私が蓮子を描くときの判断基準は、
「原作らしいか」ではなく「蓮子という人間らしいか」にあります。
それでようやく、私の中で「蓮子は生きている」と思えるのです。


それは二次創作ではない、という方はいると思います。
その考えは否定できません。
二次創作の大本は、原作のIFから始まるのですから。

でも、私が作り手側にまわって、キャラクターを扱うとき、
彼らと真っ直ぐ向き合いたいと、いつもそう思うのです。
人間的に未熟な私だからこそ、人間的な本質まで触れたい。
それが、キャラクターを分解して再構築する、私の原理なのかもしれません。

テーマ : 二次創作
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蛮天丸

Author:蛮天丸
物書き。
東方プロジェクトの二次創作小説を中心に、
好きなものを好きなように書いています。
最近は秘封がお好き。
秘封処女膜合同の主犯(siroito.web.fc2.com/maidenhead/)だけど、処女じゃないよ!
アイコンは一条さんからお借りしました。

ジャンル

東方 読書録 映画録 漫画録 ゲーム録 アニメ録 ドラマ録 艦これ 

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。