徒然ゲーム録 『スプラトゥーン2』 〜 インクでぶち壊しにイカなイカ?

イカよりタコが好きです。

と、いきなりタイトルをぶち壊して、
今日も今日とてゲームの感想なのです。
今まさにホットな『スプラトゥーン2』!

ホットで思い出したのですが、
茹でタコも好きです。





さて、もっかいぶち壊しにしますと、
私はシューティング好きじゃないです、特にFPS。

YouTubeのプレイ動画見たことあるんですが、
ダッシュすると早すぎて敵を見失うわ、
死角からあっさりライフルで撃たれるわ、
銃弾飛びすぎて意味わからないわ。
なんだかストレスマッハなゲームの印象があります。
プレイ動画だから、実況者よりも冷静に画面を見れるのに。

こんなハイレベルなゲームは無理だと決めつけて、
HALOだったり、コールオブデューティだったり、
有名ところのゲームはやっていませんでした。
実際、GTA5の撃ち合いもすんごいきつかった。
トレバーのイカれ具合があったからいいものの。

それなのにスプラトゥーンを購入したのは、
ひとえにミーハーだからという他ありませんが、
でも、こんなミーハーでも楽しくやってます!
っていうか、自分ちょっと上手いんじゃないかと勘違いしてます。

というのも、先に挙げたFPSゲームのストレスポイントが
ことごとくないからです。
そのほとんどが、インクの塗り合いというアイディアで解消されています。
これって、地味にすごい。

何より好きなのが、インクという目に見える銃弾です。
端的にいうと、戦況の把握が一瞬でできます。
誰が撃ったとか、誰がどこにいるかとか。
これだけで、自分の反射神経と操作テクの弱さを、
読み合いの力で大幅にカバーできます。
逆に自分がやられたら、それは自分の読みの甘さのせい。
相手を恨むことなく、次頑張ろうと思えるのです。

そして、そもそも相手を倒すことが勝利条件でないこと。
これも好きなんですよね。
私は今は最前線で相手と撃ち合うのが好きなんですが、
撃ち合いに疲れたら、相手のいないエリアでのんびり遊んでます。
(のんびりて……)
あるいは、相手の陣の深くまでこっそり忍び込んで、
塗るだけ塗って帰るとか。
これならやられることも少ないので、ストレス溜まりません。
プレイの目的はシンプルなのに、手段は様々です。

任天堂って、たまに恐ろしいアイディアを引っさげてきますよね。
ゼルダのZ注目もそれに類するものです。
「アイディアは、二つ以上の問題を同時に解決しなければならない」
宮本茂氏のイカしたお言葉は、
まさにこのゲームの在り方そのものに体現されていると思います。

他にも色々いい点が多いこのゲーム。
銃弾がインクというだけで、
私の先入観が見事ぶち壊されたのでした。

さて、これからまたタコ殴りしにイカなイカ?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蛮天丸

Author:蛮天丸
物書き。
東方プロジェクトの二次創作小説を中心に、
好きなものを好きなように書いています。
最近は秘封がお好き。
秘封処女膜合同の主犯(siroito.web.fc2.com/maidenhead/)だけど、処女じゃないよ!
アイコンは一条さんからお借りしました。

ジャンル

東方 読書録 映画録 漫画録 ゲーム録 アニメ録 ドラマ録 艦これ 

RSSリンクの表示