スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のネタ切れと四コマ

何か仕事やプライベートで土日が埋まると、
すぐにブログの更新が止まる蛮天丸です。
ついでに、最近ネタ切れです。

弱音ばっかり吐いているけど、こんなんじゃあ、ダメよ、私。
だから、筋肉つけてポジティブになりたい。
そんな私にお勧めなのが『女の友情と筋肉』ですって?
(自分にお勧めですって?)

これはネットで連載されている四コマ漫画です。
まずはさくっとお読みいただくのが一番かと思います。
本当、さくっといけますよ。

http://sai-zen-sen.jp/comics/twi4/onakin/





……お読みいただけましたでしょうか?
さくっと2時間くらいすっ飛びましたでしょうか。

えっ、読んでないの?

この漫画、乙女に半端ない筋肉を持たせちゃった発想もさることながら、
ストーリー作りにこの作者さんの神髄が現れていると思います。
四コマなのに、ね。
ストーリーあるんです、連載だから。
特に登場人物の出し方が非常にうまいと思います。

最初は主人公三マッスルが中心で、
他の登場人物は名前出てくるくらいの端役。
(三マッスルの彼氏とか)
しかし、徐々に三マッスルから彼ら端役にスポットが当たり、
やがて、端役がある程度メインになる回も出てきます。
そのスポットを当てるときの、徐々に感が素晴らしい。

たとえば、端役同士の恋愛回があります。
で、その端役というのも、
「主人公の彼氏の妹」と「主人公の彼氏の職場の後輩」です。
主人公三マッスルとはほぼ関係ない二人なのですが、
そこまで読み進めている頃には特に違和感はありません。

というのも、
主人公→主人公の彼氏→主人公の彼氏の職場の後輩→主人公の彼氏の妹
といった感じで、二人を出すまでにそれぞれが目立つ回があって、
キャラクター像をちゃんと理解できるようになっているからです。
この二人の登場から300回?くらい経って、
ようやく二人がメインになる回になってくるくらいのスパンです。

四コマ漫画って、描くのは簡単そうに思えますが、
それだけネタ出しを続けなきゃいけないんですよね。
だから、ネタを出すために登場人物が増えるのは自然なのですが、
この作品はその出し方が特に秀逸だと思いました。

見習わないとですね、この感じ。
(ネタ切れ気味な自分に向けて)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蛮天丸

Author:蛮天丸
物書き。
東方プロジェクトの二次創作小説を中心に、
好きなものを好きなように書いています。
最近は秘封がお好き。
秘封処女膜合同の主犯(siroito.web.fc2.com/maidenhead/)だけど、処女じゃないよ!
アイコンは一条さんからお借りしました。

ジャンル

東方 読書録 映画録 漫画録 ゲーム録 アニメ録 ドラマ録 艦これ 

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。