スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『けがれんこ』 ~ 裏話

久しぶりに、裏話を書きますね。
そもそも、投稿が本当、久しぶりですね。

最初は他愛もない気持ちで書き始めたのですが、
いつの間にか思っていたよりも重く、
それでも綺麗にまとまったなと今は思います。
プロットを作らないまま書き始めて、途中で詰まって、
それからプロットを作って初めてやりたいことが見えたお話でした。

東方夜伽話 『けがれんこ』
作品ページはこちらから
※性描写を含みます。未成年の閲覧はご遠慮ください。





最初は単純に秘封倶楽部の二人のロリねちょを書きたいと思っただけでした。
で、単純なエロを書くのもつまらないので、
「こわれもの(Fragile)」というテーマを適当につけていました。
あらすじとしては、二人の初めての不思議探しで、綺麗な風景を見て、
その風景の中でねちょって、少女のピュアさを失う、的な感じ。

けれど、書いてて自分でよくわからなくなって、
あらためてきちんと描きたいことを考えたときに、
その意味を見直す必要があるな、と思ったのです。

「こわれもの」って結局なんなのか。
私の中では、性的な意味での少女のピュアさもそうなのですが、
少女の抱く幻想のことだと改めて思いました。

おとなの世界を嫌悪する蓮子。
彼女にとってメリーの見る世界は美しく、憧れでした。
だから、そっちの世界に行きたいと思うし、実際に行った。

でも、憧れの世界がつらくない世界というと、
そんなことないと思うんですよね。
幻想郷だって私たちの中の憧れに近いところはありますけれど、
それだって人間は妖怪に喰われるし、パソコンなんかないし。
現実の厳しさって、どの世界にもあるはず。
物心ついたときからメリーは幻想の世界に
そういった怖さを見ていたのだと思います。

こういったところに蓮子とメリーの考え方のギャップがあります。
でも、蓮子はメリーに恋をするし、メリーは蓮子に恋をする。
その気持ちはすごく純粋で、でもそのギャップが明らかになったときに
壊れてしまうような、そんな脆いものでもあります。

二人が性の交わりを経たとき、幻想世界の真実を知って、
蓮子はそこに裏切られたという痛みを感じます。
幻想だと思っていたものも、結局地続きの現実でしかないと。
そんな真実は知りたくなかったと、思うのです。

でも、メリーはそうではありません。
幻想世界の痛みを彼女は知っていて、耐えることができる。
だけど、暗い現実の中で見つけた蓮子が一筋の希望でした。
だから、痛みを抱えたって蓮子と一緒にいたいと思った。

ここが『かえれんこ』と逆で、
痛みの先に同じ思いを持つのではなく、
痛みの先にお互いのすれ違いを理解したわけです。
同じ痛みを抱えても、ふたりは向き合うことができないのです。

それでも、メリーは蓮子に恋をした。ただ、蓮子は幼かった。
あの痛みを受け入れるほどには強くもなかった。
だから、メリーは未来の蓮子に願いをかけました。
彼女が現実を知って強くなったときに、もう一度彼女と繋がりたいと。
色々と蓮子の未来にはつらいこともある。
それでも、彼女がいつまでも夢を持ち続けられるように。

「水晶を、思い出に」。

今回のお話はそういう想いを、具体化したものでした。
結局、また二人の痛みに向き合うことになるんだな、と思い、
文体やタイトルを『かえれんこ』シリーズにあえて似せました。
ストーリー的に繋がりがあるかは、皆さんのご想像にお任せです。

別れで終わるはずの彼女たちを繋ぎとめる水晶。
それは穢れを知らない蓮子の象徴でもあるように、私は思うのです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蛮天丸

Author:蛮天丸
物書き。
東方プロジェクトの二次創作小説を中心に、
好きなものを好きなように書いています。
最近は秘封がお好き。
秘封処女膜合同の主犯(siroito.web.fc2.com/maidenhead/)だけど、処女じゃないよ!
アイコンは一条さんからお借りしました。

ジャンル

東方 読書録 映画録 漫画録 ゲーム録 アニメ録 ドラマ録 艦これ 

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。