スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒然漫画録『海街diary』 ~海の街に描かれる一ページ

今回は珍しく未完結の漫画を読んだのです。
『海街diary』――Kindle版を買いました。







三人の姉妹と腹違いの一人の妹が、
鎌倉を舞台に一緒に暮らしていく物語。
端的に説明するならこの一言なのですが、
この言葉が私の心をわくわくさせてしまったのです。
「腹違いの妹、家庭崩壊の予感しかしない……」と。

しかし、現在刊行中の全6巻を読みすすめていくと、
私が勝手に抱いていたイメージとは全然違う物語がありました。
もっと穏やかで、のびのびとした空気感が全体に満ちています。
言うなれば、小学校の時に三日も続かなかった「日記」を読んでいるような。

私の経験ですが、小さい頃に日記をつけては忘れ、
また一、二年後につけては忘れを繰り返していました。
今はその日記もどこかへいってしまいましたが、
読み返したときに思うのは、
「小さな出来事に色々感じていたんだなあ」ということでした。

母親に怒られたとき、まるで母親が自分を嫌っていて、
もう自分なんかいらないんだと思い込んでいたりとか。
友だちと遊んで、ずっと一緒に仲良くやっていけるんだとか。
日記をつけることで、自分の感情を確かめているようでした。

この海街diaryにも、そんな雰囲気を感じるのです。
最初の出来事はかなり珍しく、すさまじいのですが、
物語の中で起きる出来事はダイナミックでもなく、
本当に私たちの身の回りにありふれたことばかり。
でも、その出来事に何を思うのか、つぶさに描かれていて、
忙しい日常の中で感受性を失いつつある私の、
懐かしい部分を揺さぶってきました。

また、この物語の舞台も非常に色彩豊かです。
鎌倉がメインの舞台ですが、地元の神社やお祭り、
四季の移り変わりや町並み、山の道。
小さな喫茶店や酒屋さん。
ほとんど都会らしさはなく、町の人たちとの小さな繋がりが、
やがて色々なところで絡まっていくのも面白かったです。

なんだかふわふわした感想になっていましたが、
こんな物語を書いてみたい、と素直に思った作品です。
現在は全6巻なので、お求めやすいかと思います。ぜひ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蛮天丸

Author:蛮天丸
物書き。
東方プロジェクトの二次創作小説を中心に、
好きなものを好きなように書いています。
最近は秘封がお好き。
秘封処女膜合同の主犯(siroito.web.fc2.com/maidenhead/)だけど、処女じゃないよ!
アイコンは一条さんからお借りしました。

ジャンル

東方 読書録 映画録 漫画録 ゲーム録 アニメ録 ドラマ録 艦これ 

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。