スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ヴォイジャーの羊』 ~裏話

引き続き、京都秘封で書かせていただいた本の裏話です。

科学世紀のカフェテラス

今回は『ヴォイジャーの羊』の裏話になります。
★特設サイトはこちらから

大きなネタバレになるので、読み終わってそういうネタバレが気にならなければ、どうぞ。





秘封セックスレス合同と同じく、このお話も思いつきです。
2014年のゴールデンウィークあたりで、秘封飲みというイベントがあったのですが、
そこでここのはさんのイラストを見てびっくり!

「うほっ、いいおっぱい!」

で、気づいたときにはここのはさんに
「おっぱい本やりませんか?」とお誘いしていたのでした。
京都秘封の本はどっちも思いつきだったのか……(今気づいた)

しかし、動機はそんな感じだったのですが、本ができあがってみると、
このお話はメリーというひとりの女性の半生をテーマにしたものになりました。
おっぱいという決して解けない秘境の謎について考えていると、色々と深く考える必要があったんですね。

「そもそもおっぱいとはなんぞや?」
「おっぱいがある女性ってなんぞや?」
「若かりしおっぱいはどこへ行くのか?」

なんだ、この変態的な思考は。
あらためて文字に起こすとおかしい、おかしいよ。
しかし、お話はとてもまじめにできているこの不思議です。


『ヴォイジャーの羊』はセックスレス合同の『毒とひとつになること』と違って、
ストーリーも仕掛けもわかりやすいと思います。
メリーのひとり語りというスタイルをとったので、当然ですが。
なので、今回はその仕掛けについては言及しません。
二対のキーワードについてお話しようかなと思います。

頻繁に登場したので、読んだ方はわかるかと思います。
「狼と羊」「ヴォイジャーとスプートニク」。
どれが誰を指すのかは説明するまでもないでしょう。


元々、二つの衛星をベースにお話を書いていたのですが、
「女性」がテーマになってきて、不意に狼が出てきたのです。
ほら、あの歌でもいいますでしょ?

「男の子は狼なのよ、気をつけなさい」



それで、「狼と羊」も比喩のキーワードになりました。
実際、狼と羊という対比はもうひとつ非常にやりやすい理由がありました。
それが『あらしのよるに』です。



『あらしのよるに』は個人的にすごく好きな作品です。
特にアニメ映画は大好きですね。
だからこそ、自身にアンチテーゼを投げてみよう、と思いました。

「もし、本当に羊が食べられなければいけなくなったら?」と。
お話の中でも書きましたが、狼は羊を食べるものだし、食べなければ生きてはいけない動物です。
それを誰が責められよう?
食べられる方がかわいそうという理由だけで?
この世界は羊だけでは成り立っているわけではありません。
フィクションのような美しい話だけではないんだ、というのをひとつ、描きたかったのはあります。
半ば、百合へのアンチテーゼにもなった話です。


そしてもうひとつ、「スプートニク」と「ヴォイジャー」は村上春樹のあの小説が元ネタです。


スプートニクの恋人 (講談社文庫)スプートニクの恋人 (講談社文庫)
(2001/04/13)
村上 春樹

商品詳細を見る


あの作品は、私自身の創作の方向性をがらっと変える程の衝撃でした。
一度はそれを意識して書いてみたかったのですね。

スプートニクは地球に帰ってきたけど、ボロボロになってしまった。
ヴォイジャーは二度と地球に帰ってこない存在になってしまった。
どちらも切ないのですが、ヴォイジャーはまだ、生きているんです。
遠く離れても、また新しい世界へ。

女性が子供から女になり、母親になり、年を取ること。
そういうふうに変わっていくことを、ヴォイジャーで表現したかったんですね。
メリーは二度と蓮子のもとに帰ってこない存在なのだということも。

衛星は一度交わり、二度とすれ違うことはできない。
決して同じ時間には戻ることができない。
それを悲しむばかりでなく、ひとつの衛星として、遠くへ行くことをもっと味わってほしいな。
メリーの生き方にはそういう願いも込めています。

結局、このお話は秘封倶楽部というより、
メリーという一人にフィーチャーしたお話で、
淡々としていて起伏も少ないのですが、
やっていて、私は非常に楽しかったです。
少女に始まり、お母さんになるまでというのを描く機会は早々ないでしょうから。

お母さんになるって、大変なんだよなあ……(急にしみじみ)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蛮天丸

Author:蛮天丸
物書き。
東方プロジェクトの二次創作小説を中心に、
好きなものを好きなように書いています。
最近は秘封がお好き。
秘封処女膜合同の主犯(siroito.web.fc2.com/maidenhead/)だけど、処女じゃないよ!
アイコンは一条さんからお借りしました。

ジャンル

東方 読書録 映画録 漫画録 ゲーム録 アニメ録 ドラマ録 艦これ 

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。