スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』感想

今日は読んだ本のレビューをしましょう。

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

初見でタイトルの意味が全然わかりませんでしたが、
読んでみると納得の一冊でした。






この小説はミステリーだとかサスペンスだとか、そういう領域をやや超えて、
青春小説なんだなあ、と感じさせてくれます。
ちょうど、社会に反抗する中学生をピックアップしていることからも、そう。

主人公は社会の中でサバイバルするために、早く実弾が欲しいと言うけれど、
でも、最後にはそれもある意味妄想だったんだ、というオチになっていますし、
海野藻屑という人物は砂糖菓子の弾丸に埋もれて死んでいったようなもの。
唯一神として生きてきた友彦も、最終的に社会に溶け込んでしまう。
この物語は、三人の敗北という形で終わっているんですね。
それは三人からすると、当初望んだ結果ではないわけですが、
特に主人公はそれを受け入れて生きていく。

単なるエンタメだったら、こういう社会に立ち向かって勝つというのも面白いと思うのですが、
ここはきっちりと現実に折り曲げられる、というのがらしくて好きです。
私個人としては、やっぱり小説はすべてをファンタジーにするのではなく、
どこかで現実とつながっていてほしいと思うのです。

描写は残念ながらあまり自分好みでなかったのですが、
海野藻屑や兄の友彦の人物像がかなり好きでした。
こういう人物が、普通に現実の物語の中に現れるというのは、すごく面白いと思います。

しかし、あんまり本読んでないから、こういうとき新鮮な感じがするのはいいですね。
本当は本読んでないのはまずいんですけども……新鮮さもいいし……。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

蛮天丸

Author:蛮天丸
物書き。
東方プロジェクトの二次創作小説を中心に、
好きなものを好きなように書いています。
最近は秘封がお好き。
秘封処女膜合同の主犯(siroito.web.fc2.com/maidenhead/)だけど、処女じゃないよ!
アイコンは一条さんからお借りしました。

ジャンル

東方 読書録 映画録 漫画録 ゲーム録 アニメ録 ドラマ録 艦これ 

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。